【テレワーク】在宅勤務で取り入れた10のアイテム

【テレワーク】在宅勤務で取り入れた10のアイテム

こんにちは!久しぶりの更新です。
コロナの影響下で、テレワークに休業に…時間を持て余しはじめてきたので久しぶりにブログを書いてみました。

私は企業勤めのインハウスデザイナーの為、通常時は出社しながらお仕事をしているのですが、コロナの影響も懸念されはじめた2月から私の会社では全員に対してテレワークの許可が降り、現在に至るまで約2ヶ月間テレワークを実施しています。

以前の会社でも3ヶ月ほど在宅勤務を行っていたので作業環境(モニターやPCまわりの環境)は揃えていたのですが、今の会社での本格的な完全テレワーク導入を受けて、作業環境を諸々入れ替えたり、追加したアイテムもあるので、改めて取り入れた10のアイテムを今日はシェアしてみようと思います!

Advertisement

ワークスペースの要「デスク」

テレワークをはじめる際、おそらく誰でも悩むのが自宅環境に、書斎やワークスペースがないことではないでしょうか?

私も以前は決まったスペースがなく、リビングのローテーブルでソファに座ったり、ラグに座ったりしながら作業をしていました。

ところが1ヶ月経った頃に、持病の腰痛、腱鞘炎、おまけに膝痛まで出てきてしまって、体がバッキバキの状態に。このままでは駄目だと思い、昔使っていたデスクを持ち出し、ワークスペースを作ることにしました。

私が使用しているのは 無印良品の「パイン材テーブル・折りたたみ式 」

※無印良品のオフィシャルサイト、アスクルのサイトでは今現在、品切れとなっています。

テレワークがずっと続く訳ではないと思うので、一時的なワークスペースとして新しくテーブルを買うよりは、家にあるものを使おうと思い、こちらを使用しています。

折りたたみテーブルのメリットは、導入がしやすく、必要がなくなったら片付けられるところです。

長時間作業に「疲れないイス」を!

さて、デスクと共に必要なものと言えば、疲れないイスです!

座り心地が良くて、クッション性や通気性が良いものや、インテリアと合うものなど、それぞれ選ぶポイントは異なるかもしれません。

私はクッション性があるゲーミングチェアが欲しかったのですが、インテリア的に現在のリビングと合わないということで家族に反対されたので、ちょっとおしゃれに見えるパソコンチェアを購入しました。

ちなみに友人たちには下記のようなバランスボール型チェアを取り入れている人も。腰痛防止と改善にもなるようで、慣れると凄く良いらしい。

余裕がある方はじっくり悩みながら良い椅子を選ぶのが一番ですが、急いで欲しい方はとりあえず、ご自身の作業環境にフィットするサイズの椅子を選ぶのがおすすめです。

肩こり、首痛防止に!モニター台

さて、デスクとイスが揃ったところで、次に買い足したのがモニター台です。

私は普段、MacBook Air(個人)とMacBook Pro(仕事用)をメインにしながら、27インチのモニターをサブに使っているのですが、モニターをデスクに置いた時にやや目線が下になる為、肩こりや首痛を抱えやすかったので、高さを上げるためのモニター台を買い足しました。

目線が上がることで、自然に姿勢が良く!
肩こりや首の痛みがやや軽減した気がします。

スマホスタンドを設置

日常生活の中、また仕事をする上で欠かせないアイテムでもあるスマホ。
プライベート用、お仕事用とスマホを2台持ちしているので、あまり広くないデスクにただ置いておくのもちょっと邪魔になってしまったり…。

家に使っていない充電器と、100均でこれまた以前買ったスマホスタンドが余っていたので、モニター台の上に設置しました。

実際使っているものは型が古いタイプの異なるものなのですが、ワイヤレス充電器の中でもスタンド型は置くだけでディスプレイにもなるし、充電も簡単、置いたまま操作もできるので便利です。

ワイド マウスパッドで操作しやすく!

以前はデスクに何も敷かずに作業をしていたのですが、海外のPCまわりのインテリアを見ていて、おしゃれでいいなと思い、写真のようなワイドサイズのマウスパッドを探して、追加投入!

実際使ってみると、マウスの滑りが良くなったり、キーボードがズレにくかったり、おしゃれにも見えるので、結構使い勝手が良かったアイテムです。

腕の疲れに「リストレスト」

完全リモートワークに入ってから少し経った頃、マウスやキーボードの操作からくる職業病の腱鞘炎の症状がまた出始めました。酷い時は手首が腫れ、手に力が入れられなかったり…

これまでも色々試してきましたが、今回リストレストを購入してみたところ、手首まわりの疲れが軽減し、楽になった気がします。

こちらのリストレスト、まわりで評判が良いので、半信半疑で購入したのですが、天然木の触り心地も気持ちよくて、ビーズやジェルのような柔らかさはないけれど、その分しっかり腕を置くことができるので手首まわりにかかる負担が軽減するようで、購入して良かったアイテムです。

お気に入りの明かりを

この投稿をInstagramで見る

IKEA JAPAN(@ikeajapan)がシェアした投稿

お昼間は窓から入る陽の光が気持ちの良いリビングも、夕暮れになると少し暗く。蛍光灯の明かりが好きではないので、IKEAで以前購入した、優しい光の、確か1000円以下の組み立て式のフロアランプをデスクの近くに設置しました。

自宅での勤務にはお気に入りのランプや明かりをワークスペースに取り入れると居心地良さがアップするのでおすすめです。

良い香りを取り入れてリフレッシュ!

さて、作業環境を整えたあと、自宅での勤務をもう少し快適に過ごす為に、何か取り入れられることはないかと思い、思いついたのが「良い香り」

以前、会社の先輩にいただいたアロマストーン。もったいなくて使えていなかったのですが、デスクに置いて好きな香りのアロマを垂らして使用しています。

自宅で長時間過ごしていると五感が鈍りやすいので、光や香りでリフレッシュすると、モチベーションがアップして作業がしやすくなる気がします。

この投稿をInstagramで見る

アロマ&石けん専門店 クーナ(@coona.official)がシェアした投稿

アロマストーンは火や電気を使わないので、火事の心配がなく、数滴垂らすだけで、良い香りがお部屋にゆっくり広がる優れものです。

マッサージクッション

デザイナーという職業柄、オフィスでも、自宅でも長時間座りっぱなしになることが多く、キャリアをスタートしてから10年以上ずっと悩まされている腰痛の軽減に、先日家族からマッサージクッションを貰ったので、腰や背中が張って来たなと感じたら、適度にほぐすようにしています。

ルルドのマッサージ クッションは見た目が可愛いだけでなく、マッサージ具合はしっかり! 置く位置を替えて、肩や背中、腰、座りながら足回りにも使えて優秀です。

適度な運動に!エアロバイク

テレワークの導入、外出自粛に伴い、完全におうち生活が長引いて、体が完全に訛りはじめているので、先日から家で眠っていたエアロバイクを出してきて、適度に運動をはじめました。

いつかのお正月セールでAmazonで買ったダイエット用のエアロバイク。食事制限と筋トレ、エアロバイクを続けて3ヶ月ほどで-5キロも達成したほど以前効果があったのですが、ながら体操で適度に代謝もあげられるし、運動不足も解消できるので、しばらくはまた頑張ってみようと思っています!

まとめ

以上、完全テレワークが導入されてから2ヶ月の間に取り入れたアイテムでした!

朝早く起きて通勤する必要もなければ、好きな格好で、好きな場所で仕事ができるテレワーク。

外出自粛の今、そして今後の働き方改革で、自宅で働くという選択肢もますます増えて行くと思います。

プライベートと仕事が入り乱れる自宅環境だからこそ、居心地が良く、体にも優しいワークスペースと環境づくりを自分たちで自ら作るべきだったりもします。

家にあるものや、Amazonなどネット販売でお手頃な価格のアイテムが様々あるので、ぜひリサーチしておうちでも働きやすい環境作りをしてみてください。

これからテレワークをする方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

デザイナーの日常カテゴリの最新記事